ファクタリング契約時に気を付けたいポイント!

企業経営ではキャッシュフロー、つまり現金をどれだけ企業として運用できるか、という事がかなり重要です。そのためには、売掛金をできるだけ早く現金化する必要があります。そのために使われる方法の一つが、ファクタリング契約です。
このファクタリング契約とは、企業が所有している売掛債権や受取手形をファクタリング会社に売却することで、ファクタリング会社から現金を得る契約のことを言います。もちろん現金を受け取る際には手数料が引かれてしまいますが、一刻も早く現金化できるということで最近よく使われています。では、このファクタリング契約をするにあたって気を付けるべきポイントには何があるのでしょうか。
まず、ファクタリング契約でもっとも気を付けるべきポイントとしては、手数料に関してです。この手数料の割合が高すぎればもちろん手に入る現金が少なくなってしまうので論外ではありますが、気を付けるべきは低すぎるところもです。ファクタリング会社も企業ですから、どこかで儲けを出さなければなりません。回収リスクがある以上、手数料の割合が低すぎるところは、何か他の名目で料金を請求してくる可能性があります。契約の際には、手数料以外に請求される料金があるかどうかしっかりと契約内容を確認することが重要と言えるでしょう。
そういった意味では、きちんと書面で契約書を出してこないところはまず契約しない方が良いと言えます。ファクタリング契約する場合は、しっかりと契約内容を確認し、現金化にあたってどれだけ受け取れる金額が減るかということを把握してから行うようにした方が良いでしょう。