消費者金融の返済方法には違いがある!

信販系って何?カードローンはお得?

信販系とは?

「信販系」とはざっくり言うとクレジットカード発行などで有名なニコスやオリコ、セゾン、ジャックスなどの信販会社のことを指します。販売信用取引を行っている会社で、買い物などの代金を消費者に代わって支払い、後になって請求をするという取引を行います。ですから信販系カードローンとは、簡単なイメージとしてはクレジットカード会社が行っている融資サービスという感じです。信販系カードローンの特徴のいくつかをおさえてみましょう。まず消費者金融業者と同じくこのタイプのローンも総量規制を受けます。つまり年収の3分の1を超える借入れはできません。金利に関しては会社ごとにまちまちで、消費者金融業者のようにだいたいが18%というように一律な感じはありません。即日融資が可能なものもありますし、提携ATMもコンビニATMなど多いので、この点は消費者金融業の使い勝手と遜色ありません。ちなみに審査の厳しさは消費者金融よりも厳しく銀行より甘めとも言われています。

おすすめの信販系カードローン

信販系カードローンでおすすめの商品のひとつは三井住友カードの「ゴールドローン」というものです。金利はなんと3.5%~9・8%になっていて、一般的な銀行のカードローンよりもかなり安くなっています。しかももし1年間延滞なくきちんと返済すると、翌年の適用利率が0.3%ずつ下がっていくという独自サービスがあります(最大で1.2%引き下げ可能)。別に高額の金融商品の契約などしなくてもちゃんと計画的な返済を心がければいいのでこれはお得なサービスです。限度額は700万円と十分なのも良いです。ちなみに三井住友カードには、この「ゴールドローン」と似たような「ゴールドローンカードレス」というタイプのローンもあります。こちらは振込専用のカードローンになっていて、上限金利が9.2%とさらに安くなっているのが特徴です。ゴールドローンと同じく翌年度0.3%金利引き下げサービスもあるので、カードは特に必要ないという人にはよりうれしいプランといえます。

消費者金融バニー|失敗しない!消費者金融はじめての選び方はこちら